イベント一覧

日本赤十字社静岡県支部イベント>【青少年赤十字 】この夏の体験は、きっとみんなを成長させる!

イベント

イベント一覧

【青少年赤十字 】この夏の体験は、きっとみんなを成長させる!

平成30年9月13日

〜青少年赤十字高等学校リーダーシップ・トレーニング・センター開催〜


平成30年8月6日(月)〜8日(水)に2泊3日で朝霧野外活動センター(富士宮市)にて青少年赤十字加盟校6校32名の生徒の参加のもと、青少年赤十字高等学校リーダーシップ・トレーニング・センター(以下「トレセン」)を開催しました。

 このトレセンは、「気づき、考え、実行する」のJRCの態度目標を念頭に、集団での「指示のない生活」や体験を通して、自主性やリーダーシップのとり方を習得するとともに、赤十字の思想を学び、人道的価値観を身に着けることを目的として1973年から継続して開催されています。

 1日目は、オリエンテーションのあと、6〜7人の各ホームルームに分かれ、3日間の取り組み方などを話し合いました。その後、赤十字の思想や活動についての学習や、いざというときのための一次救命処置の方法を学ぶ「BLS入門講座」を行いました。
 2日目は、「人権」、「防災・減災」、「発展途上国の支援」などのテーマについてそれぞれの課題や提案について話し合い、発表するグループワークと、ハイキングの中で、奉仕や学習、創作など様々な課題が設けられた関所を通り、グループのメンバーと協力して課題を解決していくフィールドワークを行いました。活動を進めるにつれ、初対面だったメンバー同士が少しずつ団結し、進んで意見を出し合いながら笑顔で楽しむ姿が見られました。
 また、静岡大学教育学部の学生を講師として招き、学生が取り組んできた防災教育活動の紹介や、キャリア支援の講話をしていただきました。講話の最後には、「脅かさない防災教育」をテーマとして静岡大学の学生が作製した防災紙芝居「みずがくるぞ!」の朗読、そして地震が起きた時の、避難行動を取り入れた「ダンゴムシ体操」を参加者全員で行い、充実した時間となりました。
 最終日は、台風13号の接近に伴い、安全に配慮して短縮日程となってしまいましたが、メンバーたちは、他にも自分が今すべきこと、できることを考えて積極的に活動するボランタリー・サービス(VS)や先を見通して生活する先見などを取れ入れながら、たくさんのコミュニケーションをとり、自らを成長させる意義のある3日間を過ごしました。

今回のトレセンでの学びや体験が、今後の学校生活や、人生に活きていくことを期待しています。
3日間で成長できたかな?参加者全員でハイチーズ★

3日間で成長できたかな?参加者全員でハイチーズ★

グループワークで積極的な意見交換

グループワークで積極的な意見交換

いざというとき、その一歩が出せるよう、真剣に学びます

いざというとき、その一歩が出せるよう、真剣に学びます


ご不明な点は、日本赤十字社 静岡県支部までお尋ね下さい。