事業のご紹介

日本赤十字社静岡県支部事業のご紹介>赤十字奉仕団《ボランティア》

赤十字奉仕団《ボランティア》

赤十字のボランティアは、赤十字の使命とする人道的な諸活動を身近な社会の中で実践しようとする人々が集まって結成した組織です。

静岡県では、市区町(地区・分区)ごとに組織する「地域赤十字奉仕団」、青年や学生によって組織する「青年赤十字奉仕団」、アマチュア無線、点訳、救急法、健康生活支援講習、幼児安全法、水上安全法、看護、柔道整復師、青少年赤十字賛助、芸能などの特殊技能をもった人々によって組織される「特殊赤十字奉仕団」が結成されています。

また、支部や血液センター、赤十字病院に、個人単位で登録をして活動する「防災ボランティア」、「献血ボランティア」、「病院ボランティア」もあります。

静岡県赤十字水上安全奉仕団 静岡県芸能赤十字奉仕団 静岡県柔道整復師赤十字奉仕団 静岡県青少年赤十字賛助奉仕団 静岡県点訳赤十字奉仕団 静岡県赤十字安全奉仕団 静岡県赤十字看護奉仕団 静岡県無線赤十字奉仕団 青年赤十字奉仕団 地域赤十字奉仕団

ボランティアへの登録(参加)について

地域赤十字奉仕団員の登録(参加)については、各市区町の日赤相談窓口に、青年赤十字奉仕団及び特殊赤十字奉仕団員の登録(参加)については、県支部にお問い合わせください。

地域赤十字奉仕団(県内43団)

地域に根ざした赤十字活動を実践するため、各市区町で編成されています。

活動資金募集や福祉施設における活動、献血への協力呼びかけ等、温かいコミュニティーづくりをめざし、他団体と連携を図りながら様々なボランティア活動を展開しています。

また、静岡県地域赤十字奉仕団委員会が設置されており、県内の各団が円滑な奉仕活動を推進するために連絡調整を図っています。

地域赤十字奉仕団

静岡県青年赤十字奉仕団(県内1団)

若い力を結集し、明るく住みよい健康な社会の建設に尽くすことを目的とし、昭和41年4月1日に結成されました。

献血キャンペーンや当支部が主催する救急法競技会、青少年赤十字大会に、スタッフとして協力しています。

また、青少年赤十字(JRC)との連携を図る他、献血学生ボランティア、エイズや防災についての啓発、社会福祉協議会等他団体とも積極的に関わりながら活動を展開しています。

静岡県青年赤十字奉仕団

静岡県無線赤十字奉仕団

静岡県無線赤十字奉仕団は、県下4団体のアマチュア無線愛好家で構成されています。

昭和41年8月27日に結成し、県内に統制局(静岡県支部)や副統制局(浜松赤十字病院、裾野市、伊豆赤十字病院、下田市)を設け、災害時に赤十字が行う業務を円滑に遂行させるため、無線通信技術を活かした情報収集活動を展開します。

また、平時には災害時における情報収集網の強化及び通信手段の確保拡充に努め、資格取得のための認定講習会を実施し、アマチュア無線の普及啓蒙と奉仕団員の増強を推進しています。

静岡県無線赤十字奉仕団

静岡県赤十字安全奉仕団

平成17年5月26日から「静岡県赤十字救急奉仕団」を発展的に解消し、「静岡県赤十字安全奉仕団」となり、その活動範囲を広げ「社会活動に奉仕する」奉仕団として、新たに出発しました。

安全奉仕団は、救急法・健康生活支援講習・幼児安全法の資格を持った人々で構成され、その技術を活かして、県総合防災訓練、ワールドファーストエイドデー、大道芸ワールドカップの救護など様々な場面で活動を展開しています。


静岡県赤十字安全奉仕団

点訳図書ライブラリー

静岡県点訳赤十字奉仕団(県内1団)

視覚障害者の生活と文化の向上のため、点訳を中心とした赤十字の奉仕者組織として平成6年1月22日に結成されました。団員は、点字講習会を受講した学生・社会人で構成されています。

ショッピングセンターの案内板・鉄道の券売機・病院の薬袋・ゴミ収集日程表・レストランや喫茶店のメニュー・電化製品の取扱説明書の点訳、点字レシピ・点字カレンダーなどを作成しています。

平成19年11月には静岡県タクシー協会から依頼を受け、会社名と車両番号の分かる車内用の「点字ステッカー」を5,800台分(1台に3枚ずつ)作成・贈呈しました。

また、広く点字への理解を深めることを目的に、点字講習会の開催や、学校での点字授業など活発に活動しています。

このような活動が評価され、平成17年10月には、「中日ボランティア賞」を、同11月には、静岡新聞社・静岡放送「善行賞」を受賞しました。

静岡県点訳赤十字奉仕団

静岡県赤十字看護奉仕団

看護の知識と技術を活かして赤十字事業に協力することを目的に「VS(ボランティアサービス)たんぽぽ」の愛称で活動しています。団員は県内在住の看護師で、平成8年8月24日に結成されました。

活動は、救護看護師派遣を中心に災害救護訓練等の支部事業に協力。特に高齢者・障害者(児)及び家族への支援として、スポーツ大会・各種行事開催時の救護、家族の研修会参加時等における保育・介護を行っています。


静岡県赤十字看護奉仕団

静岡県赤十字水上安全奉仕団

赤十字水上安全法の普及と水難事故防止を目的として、水上安全法指導員と水上安全法救助員の有志とで組織されています。

指導員は、水上安全法講習の指導を行うほか、県内の海水浴場等に団員を派遣して監視活動を展開するとともに、災害救護活動等、赤十字事業全般に協力するために平成9年4月1日に結成されました。

静岡県赤十字水上安全奉仕団

静岡県柔道整復師赤十字奉仕団

静岡県柔道整復師赤十字奉仕団は、ほねつぎ、接骨院等の名称で呼ばれ、捻挫、打撲、挫傷の施療や骨折、脱臼の応急処置行う国家資格を持つ柔道整復師で構成しています。

すべての人々が幸せを願い、明るく住み良い社会を築き上げていくため、陰の力となって、身近な仕事に従事することを目的に平成13年11月18日に結成しました。

災害時の救護活動をはじめ、各種スポーツ大会等への団員派遣事業を展開しています。

静岡市柔道整復師赤十字奉仕団

静岡県青少年赤十字賛助奉仕団(県内1団)

静岡県青少年賛助奉仕団は、県下94名の学校教育経験者で構成されています。

青少年赤十字の発展・普及を支援し、青少年の健全育成に参与するために、平成15年4月1日に結成されました。

主な活動としては、総会、青少年赤十字指導者協議会事業への参加や、加盟促進のための学校訪問、静岡賛助奉仕団だよりの発行、他県支部との交流研修会等を実施しております。

静岡県青少年赤十字賛助奉仕団

静岡県芸能赤十字奉仕団(県内1団)

大道芸パフォーマンスという趣味・特技を通して、明るく住みよい社会作りに貢献しようと、平成17年2月16日に結成されました。

当支部主催の救急法競技会や赤十字病院のイベント、献血キャンペーンに参加し、多くの人に赤十字を広めています。

また、社会福祉協議会主催のふれあいサロンや、各地域の行事、小学校での生涯学習の他、大道芸ワールドカップin静岡の運営に参加し、人びとに「夢と笑い」をお届けしています。

静岡県芸能赤十字奉仕団